【連載】父親の家事参加と子どもの食育

10.11.2017

月刊誌こどもの栄養2017年11月号が発売されました。当事務所代表が担当している連載「情報すくらっぷ」のテーマは、“父親の家事参加と子どもの食育”です。


「親子で食育」と言えば、母親が関わるケースが多いかと思います。子どもがより良い食生活を送るために、母親の存在が大きいことは多くの文献で示されています。一方、子どもの食育と父親の関係性についてあまり多く語られていません。今回は、「父と子で育む食」をテーマに執筆させて頂きました。

 

 

「男子厨房に入るべからず」という言葉には、台所は「女性の仕事場」という考え方が根強いものですが、外で働く女性が増えている現代においては、あまり合わなくなってきています。家事の中でも、手間のかかるのが食事作り。料理の大変さとともに、楽しさを伝えていくことで、家族皆で食への関心を深めたいものです。

親子(父と子)の調理体験学習の効果に関する文献にも触れ、父親参加型の食育の可能性について考察させて頂きました。

 

 


月刊「こどもの栄養」11月号はこちら





 

 

 

Please reload

Featured Posts

【執筆】日本の食料自給率を読み解く

November 16, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Please reload

  • Facebook B&W

©2019LotusTable