【連載】健康寿命延伸の秘訣は、生き甲斐

10.10.2014

月刊誌こども栄養11月号が発売されました。テーマは「健康寿命延伸の秘訣は、生き甲斐」

 

日本の平均寿命は男女とも80歳を越え、世界の長寿国の地位を不動のものにしています。しかし、平均寿命は介護期間を含めた寿命であり、独力で生活できる寿命「健康寿命」とはずいぶん差があります。

 

国民の健康寿命という言葉そのものの認識、理解度はまだ低く、今後はいかに健康な状態で生涯を送るかに焦点が当てられています。食生活や睡眠、適度な運動を始めとした良質な生活習慣も大切ですが、まずは、生きていこう!という原動力が必要です。生きる目的、つまり“生き甲斐”を持つことです。

 

同世代とのコミュニケーションに加えて、世代を越えたコミュニケーションは様々な価値観に触れる良い機会です。高齢層方々の長い人生で培われた経験は、若い世代の良きアドバイスになり、子ども達との触れ合いは大人にとって新しい発見につながったりします。世代間交流が、生き甲斐のきっかけになることだってあると思います。今回は、「健康」を食生活面のみならず広く深くみることで、“真”の健康は“心”の健康であることをメッセージとし、執筆させて頂きました。

 

Please reload

Featured Posts

【執筆】日本の食料自給率を読み解く

November 16, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Please reload

  • Facebook B&W

©2019LotusTable