• lotustable

【代表blog】価値観を変え、行動変容の時

全世界が、新型コロナウイルス感染症の猛威と戦っており、日本も今、まさに感染爆発の重大局面に置かれています。その渦中だからこそ、今感じていることを素直に綴ってみたいと思います。 患者数は増え続け、海外の事例を見ても、さらに警戒を強めていかなければならない状況であります。現在、企業支援に関わることが多い身としては、当然、経済活動への影響が計り知れないことは十分承知しています。ただ、お金は後から取り返せますが、命に代わるものはありません。命と健康があってこそ、この耐え抜いた期間が次のステージの糧になるものと信じています。患者数が増加する中、今もなお、医療現場で患者さんの治療にあたられている医療従事者の皆様には、本当に心より感謝を申し上げます。 *

当たり前にできていたことができない、従来のやり方、考え方が通用しないような事態を目の当たりにし、私たちは、価値観の変容と行動変容を求められているように感じています。 できないことに不便を感じ、つい不満を持ってしまうことは致し方ないと思いますが、「今あるものでできることは何か」という発想の転換が必要な時期と思います。苦境に晒された時こそ、頭をフル回転し、工夫して乗り切る覚悟を持つことが大切なのではないでしょうか。 多くの事業者様は、ほぼ営業活動を中断せざるを得ない状況になりました。資金繰り、従業員の雇用問題、明日からの生活資金等、目の前に降りかかるいくつもの課題があると思いますが、まずは状況をひとつひとつ整理していくことが良いと思っています。情報に翻弄されることなく、冷静に対処することで、問題をシンプルに捉えられるようになります。 そして、企業活動において、資金体力とコミュニケーションによる関係者との信頼関係が大事であることを痛感します。お金がなくなると焦りと不安が募り、判断力が鈍ることがありますが、収入、支出、貯金額を見て、現実と向き合い、必要に応じて借入する、国の政策等を活用することをお勧めいたします。安心感をもつことで、従業員をはじめ、関係者の方々とも落ち着いて会話ができるようになるかと思います。この事態を乗り切るためには、全ての人が「お互い様」という気持ちを持つことが不可欠ではないかと思っています。 先の見えない中ではありますが、今の行動が未来の結果であることを肝に銘じ、こんな時だからこそ、多くの方々の力になれるよう、心身を整えておきたいと思います。 お世話になっている大切な皆様へ どうかご自愛のほど・・お過ごしくださいませ。状況が落ち着いた頃に、元気な姿でお目にかかれることを楽しみにしております。 小沼梨沙

©2020LotusTable